1/87 Redline,Schuco,HighSpeed,Welly,MalibuなどのMy ミニカーコレクションを紹介しています。


by masarutaisho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日はSchucoよりCITROEN Xsara WRC 2005です。

c0130464_5541333.jpg

1/87 Schuco CITROEN Xsara WRC 2005 #3 【25181】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-31 05:56 | RACING MODEL

1/87 WELLY PEUGEOT Coupe 407

本日はWELLYよりPEUGEOT Coupe 407です。

c0130464_6563137.jpg

1/87 WELLY PEUGEOT Coupe 407 RedMetallic 【73100】

WELLYは日本ではチープミニカーの物が多く売られていますが、こちらのものはどうもSchucoやHighSpeedの物と同じ金型使用のようです。
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-30 07:06 | France
本日はRedlineから250 GTO #19 2nd LM 1962です。

1962年にモデナで発表された250GTOは、ベースとなった250GT Berlinetta SWBの鋼管チューブラーフレームの楕円断面を微妙に変化させるなどして軽量化が図られていた。
ホィールベースはSWBと同じ2400mmで、スカリエッティ製(フェラーリ自社デザインとも、スカリエッティのデザインだとも言われる)の総アルミ製のボディを纏っている。ボディスタイルは250GTエクスペリメンタルで問題になったフロントのリフトを抑える為、フロント部をSWBより更に低く長くされた。一方後部は更に太くなったタイヤを収めるため大きく盛り上がったリアフェンダーと、ファストバックのリアデッキがすっぱり切り落とされたカットオフテール、いわゆるコーダトロンカを形成していた。
全高はSWBより90mmも低くなったが、これはSWBのウェットサンプからテスタロッサのドライサンプへエンジンを変更したことで実現した。SWBの3キャブに対して6基のウェーバー38DCNキャブレターを備え、テスタロッサと同じカムシャフト、特別なエキゾーストを与えられた結果、300HP/7500RPMの出力を発生した。ただし、テスタロッサとは違い、GTOのカムカバーは黒の結晶塗装が施されている。
ミッションはフェラーリ自社製の5段・フルシンクロメッシュで、ギア比は2.99-1.99-1.44-1.17-1.00(1~5速)となっている。
最終減速は8種類用意されていたが、最高速度は最も標準的なセットで251km、最高速仕様を選んだ場合計算上300kmを越える(実際ルマンのストレートで280km/hをマークした)。(出典:Wikipedia)

1962年 ルマン24時間耐久レース総合2位、3位、4位に入賞した3台のフェラーリ250GTO
2位:19号車(Jean Guichet/Pierre Noblet組)

c0130464_664420.jpg

1/87 Redline Ferrari 250 GTO #19 2nd LM 1962 【87RL046】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-28 06:10 | RACING MODEL

1/87 Redline Ferrari F430 GT2

本日はRedlineからF430 GT2です。

レース仕様の「F430GT」がル・マン24時間耐久レースなどに参戦するために作られている(なお、この場合レギュレーションの関係で排気量は4,000cc弱となる)。360の事実上の後継車のため、ワンメイクレースのベースカーもこの車にバトンタッチした。名称は「F430チャレンジ」。 また、SUPER GTでは2008年度第5戦から参戦予定だったが、実際に開始するのは次年度初戦からとなった。(出典:Wikipedia)

c0130464_6184097.jpg

1/87 Redline Ferrari F430 GT2 WHITE 【87RL024】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-27 06:19 | Italy
本日はRedlineから612 SCAGLIETTIです。

車名:612 Scaglietti
全長/全幅/全高:4902mm/1957mm/1344mm
ホイールベース:2950mm トレッド(前/後):1688mm/1641mm
車両重量:1840kg 乗車定員:4名 形式:F133E
型式:65°V型12気筒DOHC(4バルブ) ボア×ストローク:89mm×77mm
総排気量:5,748cc 圧縮比:11.2:1
最高出力:397Kw(540ps)/7,250rpm 最大トルク:588Nm(60.0kgm)/5,250rpm
エンジンマネージメント:ボッシュモトロニック トランスミッション:MT/F1
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン(スタビライザー) ステアリング:ラックアンドピニオン(パワーアシスト) エアバック:運転席/助手席
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドティスク(アンチロックシステム)
ホイール:前8.0J×18 後10.0J×19 タイヤ:前245/45ZR18  後285/40ZR19

c0130464_642461.jpg

1/87 Redline Ferrari 612 SCAGLIETTI GUNMETALLIC 【87RL021】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-26 06:45 | Italy

1/87 Redline Ferrari 575 GTC

本日はRedlineから575 GTCです。

フェラーリ575GTCは、575Mをレース用に見直し改良され勝つために作りだされたファクトリー・レーサーです。
575はフェラーリ550の後継車種としてジュネーブモーターショーでデビュー。
5.75リッターのエンジンを搭載されていることが名前の由来。
575GTCのレースデビューは、2003年のFIA-GT選手権の第9戦で見事にデビューウィンを飾っています。

c0130464_973981.jpg

1/87 Redline Ferrari 575 GTC MATBLACK 【87RL017】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-25 09:08 | Italy

1/87 Redline Ferrari F360 Spider

本日はRedlineからF360 Spiderです。

V8エンジンをミッドシップマウントするモデル。
古くは、ディーノ206GTから始まったスモールフェラーリの最新版でF355の後継モデルにあたる。
ボディを担当したのは当然ピニンファリーナ。
F355のネーミングは3.5Lの5バルブを表していたが、この360はそのまま3.6Lを表している。
エンジンディメンションはオールアルミ製90度のV8DOHC 5バルブ。
自然吸気の400馬力/38.0kgmのパワー&スペックを発生する。
組み合わされるミッションは、6速のマニュアルミッションと、F1のネーミングで呼ばれるモデルは、ステアリングに装着されたレバーによってシフトのアップダウンが可能なセミオートマチック6速となる。
サスペンションは前後ともにダブルウイッシュボーン、デュアルエアバッグとABS、18インチホイールを標準装備。
ロールバー、ウインド・ディフレクターの装備、優美なフォルムと優れた空力特性を両立させたソフトトップ収納部など完成度の高い仕上がりを見せる。(出典:ADVANCE)

c0130464_5501655.jpg

1/87 Redline Ferrari F360 Spider RED 【87RL013】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-24 05:51 | Italy

後日入手追加車種 5

下記車種を追加

1/87 Redline Ferrari FXX MATBLACK 【87RL025】


1/87 Redline Ferrari SUPER AMERICA SILVERMETALLIC 【87RL023】


1/87 Redline Ferrari F430 Spider RED 【87RL022】


1/87 Schuco ALFAROMEO 156 GTA BELGIUM POLICE【25306】


1/87 Schuco LAND ROVER DISCOVERY 3 OrangeMetallic 【45 256 9100】


1/87 Schuco BMW 7er Black 【21689】

[PR]
by masarutaisho | 2009-10-21 05:54 | 追加車種
本日はRedlineからCalifornia Opened-Typeです。

c0130464_5272252.jpg

1/87 Redline Ferrari California Opened-Type RED 【87RL044】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-21 05:28 | Italy
本日はRedlineからCalifornia Closed-Typeです。

2008年秋のパリサロンで発表されたフェラーリ・カリフォルニアの価格が2009年3月に発表され、日本でも本格的な受注が始まった。納車が始まるのは2009年初夏からになる。フロントミッドシップにV型8気筒エンジンを搭載したロングノーズのクーペボディはアルミ製で、ピニンファリーナによってデザインされた。流れるような抑揚の効いた外観デザインはいかにもフェラーリのもので、フロントグリルの跳ね馬やボンネットフードのエアインテークなどがフェラーリの伝統を表現する。ルーフは電動格納が可能なリトラクタブル・ハードトップ(RHT)をフェラーリとして初めて採用。2+2の室内空間を持つほか、トランクスルーを可能としており、リヤミッドシップのスポーツカーとは違ってGTカーとしての実用性も確保したクルマ作りがなされている。90度V8の直噴エンジンは4.3リッターのDOHCで、338kW(460ps)/7750rpm、485Nm(49kg-m)/5000rpmのパワー&トルクを発生する。組み合わされるトランスミッションは新たに開発された7速のデュアルクラッチで、F1スタイルのパドルシフトによって操作が可能。駆動方式はスカリエッティなどと同じFRで、足回りはフロントにダブルウィッシュボーン式、リヤにマルチリンク式の新型サスペンションを採用し、ブレンボ製のカーボンセラミックブレーキなどを採用する。トラクションコントロールやタイヤ空気圧&温度監視システムなど最新の安全装備も備えている。(出典:carview:co.jp)

c0130464_643889.jpg

1/87 Redline Ferrari California Closed-Type BLACK 【87RL045】
[PR]
by masarutaisho | 2009-10-20 06:06 | Italy